現金化をする時には換金業者は利用してはだめ

街でクレジットカード現金化とか、カードで借入といった看板を見かけることがあります。これはどのような業者なのかというと、いわゆる現金化業者と呼ばれるものです。具体的には、クレジットカードのショッピング枠に余裕のある人に対して特定の商品を購入させて、それを買い取ることで、利用者はショッピング枠を換金することができます。ただし、このようなところを利用しないほうが良いです。理由の一つとして、カード会社は現金化を警戒しており、利用履歴からそのようなところを利用したことがばれれば、カードを強制解約するからです。
ただし、一概にばれるというわけでもありません。警戒すべきなのは、自社端末や、特定のところから借りた決済端末を利用しているところです。その場合、履歴として残るのでばれてしまいます。特定の商品を購入させて、それを買い取る形ならば、そのルートからばれることはありません。
もっとも、そのようなところを利用するメリットはあまりありません。なぜなら、換金率が低く設定されていることが多いからです。それもそのはずで、そこから利益を出そうと思えば、ある程度大きく割り引く必要がありますし、そのようなところはお金がなくて困っている人に付け込んで利益を出しているからです。

実際、業者を使った時に手に入る金額は、購入した商品の7割ほどとなっています。ひどいところなどは、半分ほどの値段でしか買取をしていません。そのため、現金化をするにあたって、そのようなところを利用するのは、メリットがありません。
では、現金化をするための最適な方法は何かというと、自分で商品などを購入してきて、それを買い取っている一般の買取業者に持っていく方法が良いです。その理由は、それらの店のほうが換金率が高くなるからです。それらの店は、買い取った商品をそのまま流して売るわけなので、市場原理が働きやすいです。そのため、人気のある物は高く買い取ってもらうことができます。最も換金率が高いのが、新幹線の回数券やギフトカードです。高い物だと額面の95%ほどで買い取ってくれます。ただし、これを購入して売ることにはネックもあります。それは、これらは、現金化の際に用いられやすいので、クレジットカード会社は警戒をしているからです。額面によっては、一発で利用停止にするところもあります。そのため、この方法を用いるにしても、利用する金額や頻度などには気を付けて、クレジットカード会社に疑われないようにする必要があります。

三つ葉STORE │ 携帯電話の換金・現金化はお任せ

PAGETOP
Copyright © 現金化・換金の帝王 All Rights Reserved.