換金して現金化をする場合には換金率を意識すべき

  • HOME »
  • 換金して現金化をする場合には換金率を意識すべき

手元にお金がないというときに有効なのが、現金化です。現金化といってもいろいろな種類があります。最もスタンダードなのが、クレジットカードのショッピング枠を活用する方法です。つまり、クレジットカードで商品を購入して、それを買取ショップ等で売ることにより現金を取得します。このような手法を行う人は、すでに、一括で支払うのが難しいような人たちであるため、購入はリボ払いや分割払いでします。支払い方法をそのように指定することに恥ずかしさを感じる人でも、最近は後からリボ払いや分割払いに支払い方法を変更することができるため、よく利用されています。
次に現金化として利用されているのが、すでに保有しているポイントを換金する方法です。この場合も、ポイントで商品を購入して、それを売って現金に換えるという手法をとります。最近は、現金と同様に使用できるポイントサービスを提供している家電店や携帯キャリアなどが存在していますが、それを現金に換えたい人たちがこの手法をとっています。
いずれの場合にしても、換金率を意識することが重要です。どの方法であっても、定価以上で売れません。したがって、損をしないためには、どのくらいの値段で買取をしてもらえるのかを意識することが大切なのです。

また、購入できるものとできないものがある点にも注意が必要です。クレジットカードの場合は、一部の金券類を購入することができません。例外的に、自社発行のギフトカードを購入することができますが、それを発行していない会社のカードであれば、購入できません。ポイントの場合も同じで、金券類は購入できないことが多いです。ただしポイントでも、コード式のゲームで利用できるタイプのギフトカードは購入できる場合もあります。
換金率が高いのは、金券類です。なぜなら、お金と同じように使用できるため、需要があるからです。購入する人は、少しでも安くなるのであれば、たとえ10円安いくらいでも、チケットショップでそれらを購入してから買い物に出かけます。そのため、換金率を意識して現金化するのであれば、ブランド品や家電製品を購入するのではなく、金券類がおすすめです。
ただし、前述のとおり、クレジットカードやポイントで購入できる金券には限りがあります。そこで、おすすめなのが、通販サイトで使用できるウェブマネーです。これは、ギフトカード形式になっており、クレジットカードで購入できます。換金も、取引サイトがネット上にあり、およそ90%から95%で現金化できます。

PAGETOP
Copyright © 現金化・換金の帝王 All Rights Reserved.