現金化や換金で詐欺被害にあわないために

  • HOME »
  • 現金化や換金で詐欺被害にあわないために

クレジットカードの現金化や、商品券の換金では詐欺が多発しています。特に、クレジットカードの現金化は刑法などの法律で規制されている犯罪ではないものの、かなりのグレーゾーンです。禁止されている違反行為ですので、詐欺にあったとしてもクレジット会社の協力は得られないでしょう。それどころか、クレジットカードを強制解約されて残高が一括請求されてしまうという別の問題も発生します。
警察に相談をしても、「違反行為を行ったあなたも悪い」と言われて動いてくれないかもしれません。警察も忙しいので、被害額が少額なケースでは動かないことも多いです。ましてや、被害者にも落ち度があるケースではなおさら動いてくれる可能性は減ります。警察という組織には国の税金が使われているので、どんなことにもホイホイ動いてくれるというわけではないということです。
このような事情は現金化業者も把握しているので、警察に捕まるリスクが少ないのをいいことに、あらゆる手段を使ってお金を騙し取ろうとしてくることもあります。クレジットカードの現金化はリスクが大きいので、やめておいたほうが無難です。どうしても利用をしなければならないという事情があるなら、別の手段を考えましょう。

クレジットカードの現金化はリスクが大きいので、別の手段を考える必要があります。例えば、クレジットカードで商品券を購入して、それを信頼できる金券ショップなどで換金するという方法があげられます。
商品券の中には、9割を超える換金率をもつものもあります。クレジットカード現金化でも高い手数料をとられるので、手数料の観点からしても、換金率の良い商品券を購入して、それを金券ショップでお金にかえてもらうという方法のほうがよいでしょう。なにより、詐欺にあう可能性が低いということが最大の利点です。
オークションで高く売るという方法もありますが、個人の売買なのでトラブルが起きる可能性もあります。売る側としては先に振り込んでもらえるのでリスクは小さいですが、購入する側は不安があるので、信頼してもらう手段を考えておく必要があるかもしれません。
クレジットカードで商品券を購入して、それを現金に換えるという方法も、間接的なクレジットカード現金化です。クレジット会社にバレるとカードを停止されたり、強制解約をされてしまいます。大量に商品券を購入するとバレやすいので、家族の人数分だけにしておくとか、バレないような工夫をしておきましょう。あくまでクレジットカード現金化業者を利用するよりはマシというだけで、あまり好ましくない手段ではないことは理解しておきましょう。

PAGETOP
Copyright © 現金化・換金の帝王 All Rights Reserved.